デンティウム

CONTACT

デンティウム

ご挨拶

株式会社 BMS JAPANは、韓国株式市場一部上場の総合歯科医療機器メーカーであるDentiumが100%出資し2018年3月に設立された日本法人です。

株式会社 BMS JAPANの親会社であるDentiumはインプラント製品を生産する歯科用医療機器専門企業であり、多くの臨床経験のノウハウを持つ歯科医師と専門家が参加し、2000年6月に設立されました。

設立後、優秀な品質を基盤に2003年にヨーロッパのCE認証をはじめとし、2004年にアメリカのFDAを含む世界各国で医薬品製造品質基準(GMP)に符合する製品の安定性と優秀性を認められヨーロッパや中国、ロシア、中東、アジア、中南米等の全世界約70カ国にインプラント製品を輸出するグローバル企業として成長しました。

『Total Solution Provider & Self Development Manufacturer』をモットーにし、2020年にはグローバルTOP6へ入るため研究開発(R&D)を通した差別化された技術力を確保することで最高品質の歯科用インプラントと生体材料、歯科用デジタル医療機器まで備えた統合的なインプラントシステムを構築しています。

時間が過ぎるたびに増える価値

韓国内で唯一、17年以上の長期臨床データを持つインプラントメーカーです。

DentiumはIMPLANTIUMの10年長期生存率に関する論文がSCI級ジャーナルのIJPRDに出版され、長寿ブランドとして認められました。

論文に収録された総242の症例(74名の患者)は、IJPRDの厳格な審査基準下でも97.9%という高い生存率を見せ、安定的なボーンレベルを表すことが実証されました。

IMPLANTIUMの先進技術を基盤に、効果的な製品ラインナップを構築させ術者の利便性を増大させるとともに更に安定的で最適化されたインプラントシステムをご提供いたします。

 

品質絶対主義の実現

原材料の検査から滅菌処理まで毎工程検査を実施し、最高の品質を維持します。 

Dentiumの生産工程は計10段階で、毎工程を終えるたびに全数検査を実施し最高の品質を維持しています。
原材料の検査からCNC加工および初期洗浄後の検査、表面処理後の全数検査、製品の包装および滅菌処理、そして最終検査等の全工程の過程での徹底した製品検収作業を通し信頼できる製品をご提供いたします。

 

 

 

市場をリードする創造革新

真の価値をつくるため、Dentiumの革新は続きます。

Dentium R&D Centerは、安定性と有効性の検証および創造革新を可能にする先端設備システムを備えており、専門研究員らで構成されています。
世界有数の大学と専門研究機関の協力によりシンプルなデザインと簡易かつ正確な施術が可能な人工歯根と施術用キットおよび骨移植材、メンブレンを含むインプラントシステムを開発しより速く審美的なインプラント施術環境と材料をご提供いたします。

 

 

 

グローバル臨床ネットワークの構築

人体のための医療製品であるため、しっかりつくることは基本です。 Dentiumは基本に忠実で、より良く活用できる方法を考えます。

設立後、インプラントだけを研究してきたDentiumはアメリカのハーバード大学をはじめとした韓国内外の有数の歯科大学と活発な臨床研究を行っています。
また、長年のノウハウによりインプラントに関連するセミナーの開催および教育プロモーションを行っています。
これらを通し、各国の歯医学の学識者や専門医間のインプラントに関する情報共有をし先端技術の発掘に先駆け、医療産業の発展に寄与しています。

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。